現在の位置

明光寺十三仏板碑(みょうこうじ じゅうさんぶついたび)

明光寺十三仏板碑

[所在地] 打上元町31番6号

板碑は高さ120センチメートル 、最大幅65センチメートル、厚さ28センチメートルで、花崗岩製の遺品です。

板碑に刻まれている十三の仏は、初七日から三十三回忌にいたる13回の供養・仏事をつかさどる仏(如来・菩薩)で、亡くなった人の冥福を祈る追善だけでなく、生きている自分自身の法要を生前におさめる「逆修」という文字が刻まれています。

極楽浄土信仰と地蔵十王信仰が結びついた室町時代以降の遺品で、近畿地方のなかでもおもに生駒山麓の付近でみられます。

明光寺十三仏板碑

弘治三年(1557)の銘があり、当時の世相と市の歴史的な特色をよく反映したものといえます。
同じ明光寺内にある古墳の石棺を利用してつくられた石碑「雷神石」にも同年の銘があります。

明光寺の十三仏板碑は、江戸時代の『河内名所図会(かわち めいしょ ずえ)』に「境内に十三仏の石塔あり」と紹介されています。

問合先 文化スポーツ室 電話:824-1181(代表)

地図情報

お問い合わせ
文化スポーツ室
〒572-8555
大阪府寝屋川市本町1番1号(市役所東館1階)
電話:072-824-1181(代表)
ファックス:072-813-0087
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2016年4月20日