現在の位置

長保寺遺跡出土古代船(ちょうぼじいせきしゅつどこだいせん)

長保寺遺跡出土古代船写真

[出土場所]出雲町

[保存場所]
埋蔵文化財資料館
(打上宮前町3-1中1番館1階)

池の里市民交流センター考古資料展示室

(池田西町24-5)

古墳時代の船は、埴輪(はにわ)などから知られるように、丸木船の舷側(げんそく)部分に波よけの板材を加えた「準構造船」と呼ばれる形態のものです。

この資料は丸木船部分の中央付近のものと考えられます。

長保寺遺跡出土古代船地図

長さ2.4メートル、幅1.35メートル、厚さ0.1メートル、断面が弧状のものが2点あり、古代船として全体を復元すると、全長10メートル程度になると考えられます。

この資料は、古墳時代後期(6世紀)の井戸枠として再利用されていたものですが、当時の造船・航海技術や遺跡の性格を考えるうえで貴重な資料です。

問合先 文化スポーツ室 電話:824-1181(代表)

地図情報

お問い合わせ
文化スポーツ室
〒572-8555
大阪府寝屋川市本町1番1号(市役所東館1階)
電話:072-824-1181(代表)
ファックス:072-813-0087
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2016年4月20日