現在の位置

ワガヤネヤガワ・ベンチャービジネスコンテスト2017

コンテストグランプリが決定しました!

平成30年1月27日にアルカスホールにて「ワガヤネヤガワ・ベンチャービジネスコンテスト2017グランプリ発表会」が開催され、

グランプリに

工業部門賞「はちかづきちゃんと大葉を育てよう!」

同志社香里中学校 中川琴葉さん

のプランが選ばれました。

おめでとうございます。

 

 

部門賞受賞プランが決定しました。

二次審査の結果、以下のプランが部門賞に決定しました。

 

平成30年1月27日(土)にアルカスホールにて開催する「グランプリ発表会」でこれらのプランの中からグランプリが決定します。

 

部門賞受賞プラン(プラン名、代表者)

【工業部門】「はちかづきちゃんと大葉を育てよう!」

同志社香里中学校  中川 琴葉さん


寝屋川市に伝わる「鉢かづき姫」の民話をモチーフに、自分でデザインができる「はちかづきちゃん」の鉢の形をイメージした鉢の中で、寝屋川市の特産品の大葉を簡単に楽しく育てることで、毎日があなたの宝物となるような栽培キットを制作・販売するプランです。

 

【商業部門】「カスタードけんぴ」

同志社香里中学校  荒木 杏介さん


寝屋川市の特産品である甘藷を用いた芋けんぴにカスタードクリームをコーティングした、新しい芋けんぴを製作・販売し、寝屋川市の新しい特産品にするプランです。

 

【協働部門】「ロボットと人間、夢の寝屋川相撲大会」

大阪府立大学工業高等専門学校  矢田 了さん


寝屋川出身の力士の活躍や、市内に多くの大学や高校、高専があることを生かし、人間による相撲大会とロボットによる相撲大会やロボット製作体験を同時に開催するプランです。大会参加費や見学料、製作体験などで収益を得ます。

 


【農業部門】 該当プランなし


 

コンテスト一次通過プランが決定しました

書類審査の結果、一次審査通過プランが下記の通り決定しました。

なお、部門賞の決定については12月中旬に発表予定です。

 

工業(ものづくり)部門

応募件数 37件

プラン名 名前 学校名

親子で学ぶプログラミング教室

伊藤 圭佑

大阪府立大学工業高等専門学校

焦げがこびりつきにくいBBQ網

平松 優一   摂南大学

掃除中の床のほこりを撮る装置

「ホコリミエル」

三宅 達也   摂南大学

IoTダンベル「筋トレ器具」から

「上質な筋トレ体験」の販売へ

福田 修之

大阪府立大学工業高等専門学校

はちかづきちゃんと大葉を育てよう!

中川 琴葉   同志社香里中学校

 

商業部門

応募件数 146件

プラン名 名前 学校名

寝屋川市の新しい特産品を作ろう「甘藷ゼリー」

丸岡 駿輝 摂南大学

寝屋川で食べてパワーをもらえる日帰り旅行

武田 彩也華 同志社香里中学校

寝屋川の特産品を使った石けんとジュースの販売

福岡 万里子 同志社香里中学校

カスタードけんぴ

荒木 杏介 同志社香里中学校

 

農業部門

応募件数 36件

プラン 名前 学校名

本格芋焼酎仕込みのみかん酒

江畑 莉那 摂南大学

移動式朝市とさつまいもアイスクリームプラン

大田 望乃実 同志社香里中学校

カップケーキキットin寝屋川

周藤 秀歩 同志社香里中学校

インスタントで簡単!「大葉みそ汁」

竹田 梨紗 同志社香里中学校

水耕栽培の町~寝屋川~

香川 光一郎 同志社香里中学校

 

 

 

協働部門

応募件数 89件

 

プラン名 名前 学校名

ロボットと人間、夢の寝屋川相撲大会

矢田 了

大阪府立大学

工業高等専門学校

寝屋川市名産“甘藷”と”大葉”を使った焼酎の製造

雪井 隆聖

大阪府立大学

工業高等専門学校

Neyagawa『とまとディップ』

牧野 葵   摂南大学

はちかづきちゃわんで、あなたの身近に寝屋川らしさを。

黒田 優子   同志社香里中学校

Petali di rosa(イタリア語で薔薇の花びら)

田坪 梨佳   同志社香里中学校

 

目的

寝屋川市では「寝屋川市産業振興条例」の基本的な考え方である「連携と協働」を念頭に、市内産業振興を推進する事業として、「工業(ものづくり)」「商業」「農業」「協働」の4部門に対する学生のビジネスプランを募集する「ワガヤネヤガワ・ベンチャービジネスコンテスト」を開催します。

コンテストを開催することで、学生たちの斬新で優秀なビジネスプランの実現化及び人材育成を見据え、市内産業のさらなる振興を目指します。

募集内容

寝屋川市内での起業・事業化を想定した、地域課題や社会的課題を解決するビジネスプラン。

応募部門は

  1. 工業(ものづくり)
  2. 商業
  3. 農業
  4. 協働

    

応募資格

寝屋川市が包括連携協定を締結しているうち、以下の学校法人等の学生及び生徒(個人又はグループ)

  • 学校法人大阪電気通信大学
  • 学校法人常翔学園
  • 学校法人聖母女学院
  • 学校法人同志社
  • 公立大学法人大阪府立大学
  • 学校法人関西医科大学
  • 学校法人大阪国際学園
  • 学校法人大阪音楽大学      【順不同】

                 

募集期間

募集は終了しました。

応募方法等

募集期間内に

  1. コンテスト応募用紙
  2. プラン内容の補足説明資料(事業計画など)【任意】

を事務局へ提出してください。

なお、提出は、寝屋川市電子申請システムを使用してください。

〔注意〕提出にあたっては「利用者登録をせずに申し込む方はこちら」のボタンを押して、進んで下さい

注意事項

  • システム上、送付できるデータ容量が8MBまでとなっているため、容量がそれを超える場合は事前に連絡してください。
  • 提出された書類などは返却及び提出後の差し替えはできません。
  • 提出された書類などは、コンテスト各賞の選定及び選定後の支援以外の目的で使用することはありません。
  • 応募用紙等の提出書類は日本語で記入してください。

 

応募用紙

応募用紙(WORD:63KB)

コンテストへの応募を考えている皆さまへお知らせ

「ワガヤネヤガワ・ベンチャービジネスコンテスト」の審査基準には、「社会貢献性」というポイントがあります。

市内、とりわけ産業の課題については、「寝屋川市産業振興条例」を制定する際に作成された、寝屋川市産業振興条例立案検討報告書 (PDF:1.6MB)に掲載されています。少しページが多いですが、応募しようと思っている部門の内容を読んで、地域課題(社会的課題)を解決する皆さんのアイデアに反映してもらえたら、と思います。

また、その他参考となる寝屋川市の計画やビジョンについては下記をご覧ください。

第五次総合計画 (平成23年度~32年度)の概要

市人口ビジョン及び市まち・ひと・しごと創生総合戦略の概要

審査方法及びスケジュール

時期 内容
平成29年8月1日から平成29年9月30日 ビジネスプラン募集
 

平成29年10月 (予定)
 

一次審査(書類審査)
・審査は第三者機関に委託します。
・各募集部門において優秀なプランを5件程度選出します。

平成29年11月 (予定)
 

二次審査(書類及びヒアリングによる審査)
・一次審査を通過したプランについて、各分野を専門とする関係団体から推薦された委員、寝屋川市経営支援アドバイザー、寝屋川市職員等による評価委員会が、書類及びヒアリングによる審査を行い、各部門の最優秀賞(部門賞)を決定します。
部門賞決定!
平成30年1月27日

最終審査(書類及びプレゼンテーションによる審査)
 ※部門賞受賞者発表会として、アルカスホールにて開催します。

・各部門の部門賞受賞プランについて、書類による事前審査と提案者によるプレゼンテーションによって審査を行います。

・審査は「寝屋川市産業振興に関する連絡調整会議」会員が行います。

・各部門の部門賞受賞プランの中からグランプリを決定します。

 ※「寝屋川市産業振興に関する連絡調整会議」とは、「寝屋川市産業振興条例」第13条の規定により、産業振興に関わるものが、産業振興に関する取組の進捗状況について意見や情報を交換する会議。

 

審査選考基準

  『新規性・独創性』、『社会貢献性』、『優位性』、『市場性』、『実現可能性』の5つのポイントで総合的に審査します。

過去のコンテスト結果等について

ワガヤネヤガワ・ベンチャービジネスコンテスト2015

ワガヤネヤガワ・ベンチャービジネスコンテスト2014

ワガヤネヤガワ・ベンチャービジネスコンテスト2016

地図情報

お問い合わせ
産業振興室
〒572-8555
大阪府寝屋川市本町1番1号 (市役所本館1階)
電話:072-824-1181(代表)
メールフォームによるお問い合わせ
産業振興センター
〒572-0042
大阪府寝屋川市東大利町2番14号
電話:072-828-0751
ファックス:072-839-4343
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年2月28日